BAMBOO SHOOTS 2019 SPRING/SUMMER

vol.3素材、色、サイズで生み出すコントラストを活かした4つのショーツスタイル。

ラグビーシャツに、クライミングショーツとアプローチシューズと、一見チグハグな組み合わせ。実はこちら、ラグビーシャツは70年代ヨセミテのクライマーたちにも愛用されたことをイメージしたコーディネート。当時とは違う、ストレッチ素材のショーツを合わせて、アップデートを加えています。

大きく着るために作られたビッグサイズのポロシャツをメインにコーディネート。組み合わせたショーツは、コットン・ナイロン混合のウェザークロスを使用して、適度なハリと光沢感をもって上品な仕上がりとなっています。足元は、白いスニーカーを合わせて清潔感のあるスタイルになっています。

大きく着るために作られたビッグサイズの鹿の子生地のTシャツをメインにコーディネート。組み合わせたショーツは、コットン・ナイロン混合のウェザークロスを使用。鹿の子のマットな色合いと、ウェザークロスの光沢感のコントラストに、白いスニーカーの清涼感の加わったスタイリングです。

サーフ映画で見たようなマルチストライプのポケットTシャツ。コーデユロイにビーサンもいいけど、バンブー的にはクライミングパンツと、アプローチシューズでコーディネート。ロングパンツからジップオフでショーツに切り替えたクライミングパンツはストレッチ素材で快適な履き心地です。

vol.2素材、色、サイズのバランスでアクセントを加えた4つのスタイル。

ブランド定番のサーマルカットソーとパンツ。ブランド発足時より少しずつ変化を加えて作り続けています。サーマルはアンダーウエアとしてだけではなく、1枚でも着られるシルエットを想定しています。ファティーグパンツは裾をテーパードさせることによりきれいなボリューム感をキープしています。

ブランドの定番というときに欠かせないのが、杢グレーとミリタリーオリーブの組み合わせ。FilMelangeに別注したショートスリーブのスウェットは杢目が美しく、着心地も柔らか。ファティーグパンツのリップストップクロスは、コットン100%素材。薄手ながらにコシがあり、トップスとのコントラストを生み出します。

シャンブーシャツにファティーグパンツもブランドを語るうえでは欠かせない組み合わせ。インディゴも捨てがたいところに、ホワイトを選ぶことにより、ワーク×ミリタリーのコーディネートもシンプルにさわやかに。手に持ったハットは、パンツと同素材で色違いと、素材を揃えた色遊びを加えています。

大きめに設定させたシルエットでも、生地特有のハリ感によりルーズな印象を与えないショートスリーブシャツ。ボトムには、いわゆるジャージーとは異なるスッキリとした印象を与える特殊部隊のソフトシェルパンツをモチーフにしたパンツを組み合わせ。上下のサイズ感のメリハリもポイントです。

vol.1ベーシックなスタイルに、素材、色、サイズで変化を加えた5つのスタイル。

ブランド定番のシャツとパンツ。ブランド発足時より少しずつ変化を加えて作り続けています。今シーズンは、B.D.シャツにはシャンブレー素材、ファティーグパンツはコットン素材のリップストップクロスを使用しました。タイプライタークロスのジャケットは、着心地も軽く、ジッパーを閉じずに羽織るように合わせています。

レイヤードスタイルと相性の良いボートネックスウェット。コットン100%で柔らかな着心地。天然素材ならではの柔らかな色味と風合いが魅力的な生地使いです。対照的に張りがありマットな質感のマウンテンパーカーとスッキリとしたシルエットのパンツを合わせています。

タイプライタークロスのコーチジャケットは、少し大きめのサイズ感。少し肩のおちる着こなしは、ラグランスリーブのスウェットと相性抜群。パリッとしたジャケットの中に、着古したようなスウェットの色合いがポイントです。ストレッチ素材のクライミングパンツは、シンプルに見えて6つのポケットを備えています。

特殊部隊のソフトシェルジャケットにモチーフにしたジャージートップス。独自のパネルの切り替えはスポーツウエアにはない独自のシルエットに仕上がっています。開襟のシャツは、今では定番の着こなしであるシャツの裾を出した“タックアウト”の起源ともいわれ、短めの着丈との相性が抜群です。

60年代のワークシャツをイメージしたシャツ。ドレスシャツにも選ばれる、程よい張りと光沢感のあるポプリンをワークウエアならではのトリプルステッチで縫製しています。ジャージーパンツは特殊部隊のソフトシェルパンツをモチーフに作成。独自のパネルの切り替えはスポーツウエアにはない独自のシルエットに仕上がっています。

ページトップへ

RECOMMEND BRANDS

BAMBOO Ville Core Value