バンブーラボ

  • bamboo Ville > .....Research GENERAL STORE×BAMBOO SHOOTS による中目黒企画 『PHISHING SHIRT』リリース記念スペシャル対談!

2014/07/09

“.....Research GENERAL STORE×BAMBOO SHOOTS による
中目黒企画 『PHISHING SHIRT』リリース記念スペシャル対談”

PHISHING SHIRT

―甲斐:まずは改めて、「.....リサーチ」のブランドコンセプトを聞かせていただければと思っているんですが。

  • 小林:ブランド(名)を持たないように、ブランドをやるにはどうしたら良いだろうって考えた時に辿り付いた答えが、これなんだよね。その時に調べていることの表題としての名前。山を調べていたら”マウンテン”リサーチになるし、ほかのことを調べてたら、他の名前になるっていう。
  • 甲斐:不確定な存在ということなんですかね。あまりブランド化したくない理由というのは?
  • 小林:例えば「Mountain Research」。既存の言葉の掛け合わせでしかないのに、それをブランド化して、みんなが権利を言い出すと、面倒くさいでしょ? ブランド…言ってみれば(ただの)名前だよね…という考え方をしてみると、そこにもう意味はないわけで、それよりもっと根源的な「物」のほうに軸足を移したいっていう気持ちがあるから、いまのスタイルにしているんだ。
  • 甲斐:ブランドという表にでる外側の部分ではなくて、その中身に重点を置いておきたいということですかね。
  • 小林:ブランドの権利みたいなものを文書化して振りかざしたりする行為は、本来、洋服作りとはなんの関係もないって思っていて...。ブランド名を売ってるわけじゃなくて、服を売ってるわけだし。
  • 甲斐:となると、General Researchという存在は?
  • 小林:あの頃は服についてなんにも知らなかったからね、それまで靴屋だったし。本当になんにも知らなかったんで、総合的な研究(ジェネラルなリサーチ)をせざるを得ないって感じ。何よりも先に、まずは作る側のノウハウを知る必要があった。それには調査(リサーチ)するしかないじゃない?既にあるものを調査してバリエーションを増やすべく作るというやり方。ゆえにジェネラルリサーチって名前。世に言われるクリエーションという作業は、自分の場合、最初っからしていないんだね。

—甲斐:2014SSではフィッシングポケットに着目していますけど、それは何故ですか?

  • 小林:ジェネラル(リサーチ)の頃から釣り関連のポケットものは、ずっとやっていて、釣りのベストとかジャケットをたくさん持っているんだよね、自分では釣りしないくせにさ(笑)。常日頃から目にすることができる、つまり日常的に見ることができる非日常なディティールってことが最大のポイントで、釣りのベストに付いているポケットがまさにそれに該当する。ただ、自分の場合、釣りをやらない分、機能とかからアプローチする訳にはいかないんだけど…様々な機能をツールとしてみていないからこそ、そういったものをファッションに落とし込んでやろう、と考えることができるのかもしれないね。街にああいう異物感漂うものがあるっていう面白みに対する興味だけでやっているわけだし。
  • 前田:そういった小林さんの作るフィッシングポケット系のアイテムが、以前から大好きだったんですよ。
  • 小林:ああいう、同じ様な物がたくさんくっついてる感じが好きなんでしょ?(笑)
  • 前田:そうですね。
  • 小林:ある種の病気だよね…例に漏れず俺もそうだけど(爆笑)。ちょっとこのベストを見て欲しいんだけど。
  • 甲斐:コロンビアの古いフィッシングベストですね。
  • 小林:そう。これなんかスゴイでしょ。ものすごい量のポケットが付いてる。それだけじゃなくて、フェルトの肩当てが付いてたり、やたらとフラップ付いてたり。
  • 甲斐:たしかに非日常なディティール満載ですね。
  • 小林:この行きすぎてる感じが、自分にとってある種の起爆剤。
  • 前田:フィッシングポケットもそうですけど、ベルクロの使い方にも惹かれましたね。小林さんが作る服は、他のブランドが持ってこない、合わせ方をしていると思うんです。
  • 小林:物事の良い面を見てくれてるね(笑)。ああいうベルクロだったり、フィッシングポケットという物が持つ異物感に惹かれてしまう人種っていうのが、自分を含めて世にはいるんだよね。アウトドアウエアがファッション業界でヒットしたのも、ベルクロだったり、ナイロンの派手な色味だったり、そういった異物感が、それまでのファッション文脈には無かったからだと思うんだ。
  • 甲斐:ファッションにおける異物感、というものをかなり重視してるんですね。
  • 小林:他の人が取り入れないような、異物感漂うディティールをどうファッションに落とし込むかは、自分にとって大事なテーマ。だから、例えば古いフィッシングベストを買って、自分で着てみて、ディティールを精査して。その上で、本来の目的とはちょっと違った角度を付けて、服を作っていくという感覚…ということになるのかな。まあ、その角度分が自分ってことだよね。だから、さっきも言ったけど、俺のやっていることはクリエーションではなくて、バリエーションを作ってるってことになるんだと思う。

—甲斐:今シーズンのアイテムは、割とシンプルなものが多い印象を受けましたが、なにか狙いがあったんですか?

  • 小林:自分が着れる範囲の中での異物感を目指したというのはあるかな。だから大昔やった細かいポケットが山のように並んでいるような、異物感漂いすぎるものではなく、いかに普通に見えることがカッコイイのかっていう所をちょっと狙ったりしてる。ジャケットとシャツでは、フィッシングポケットだけを抽出して、パンツの方には、あえてそれを付けず、ファスナーだけを付けるようにしたりして、全体で見たときに、あまりゴテゴテしないようにはしてるかな。異物感の日常化を計っている感じ。
  • 前田:異物感の日常化って、面白いですね。今回一緒に作ったシャツに関してのお話もしたいんですが。こちらとしては、昔、パラサイト(※注)に魅了されていたという経緯があって。それで今シーズン、小林さんがそれを彷彿とさせるようなアイテムを展開していたんで、これは是非とも一緒になにか作らせてもらえないかなと思ったんです。
    パラサイト(※注)→General Research時代のコレクションで、ウェアに釣りベストの小さいポケットだけが無数についていたシリーズ
  • 小林:今回のシャツは、うちではあまり使わないやや薄い素材を使ってるよね。あとはポケットの位置をどうするかで、いろいろと意見の交換をしたっていう感じだったね。そっちとしては、ちっちゃいポケットがたくさん付いているような、もっと異物感漂うものが作りたかったんじゃない?
  • 前田:それはありますね(笑)。背面、全部ポケットとか。ですけど、小林さんがさっき言っていた“異物感を日常化する” という落とし込み方もすごく勉強になりました。シンプルなんだけど、きちんと主張がある。Dカンを取り付けたり、異物感も程よく効いている感じが絶妙なバランスだと思ってます。しかもポケットの形に関しては、このシャツ専用のものを考えてもらえましたからね。
  • 小林:敬意を表してね、もちろん。ただ、背中にポケットって線はダメ出ししたけど(笑)。打ち合わせの時にも、全面ポケットっていうアイデアは一言も言わなかったでしょ?
  • 前田:そうですね(笑)。
  • 小林:言ったら、絶対そこに食いつかれると思ってたから(笑)。あれはあれで、もう俺の中では完結してるんだ。この際、あの意匠権みたいなものは、前田君個人に譲るよ(笑)。笑い話はさておき、今回改めて感じたけど、他の人と一緒にやるっていうのは楽しい行為だね。昔みたいに、夜通し酒飲みながら洋服の話したりするって機会が、あまりなくなってきてるから、服について、よその人といろんな話ができる、こういう機会はありがたいよ。

—甲斐:小林さんが今後取り組みたい研究対象の候補はあるんですか?

  • 小林:やっぱり、いまはこのフィッシング系かな。昔からずーっと取り組んでいるテーマだから、これは自分が納得いくまでは、やりたいなと思ってるよ。
  • 甲斐:今回、このシャツはネットでは販売しないですよね。直接お店に来て買ってもらうことになる。そのあたりのお話を...。
  • 小林:ネットで売ること自体を否定しているわけではないんだよ。ウチでもネットでビジネスしてるから。でも、お店で売るっていう行為は、ある種のライブじゃない。要は人から買うってことだよね。それとネットで買うという行為は絶対に違うものだと思っているから、こういった小売店同士の企み、今回みたいな企画はネットでは売る気にはなれないんだ。情報は多チャンネルで流せば良いというものでもないと思うんだよね。
  • 甲斐:ライブを見に来てよって感じですね。でも接客してると、遠いから買いに来れないという人も、やっぱりいるんですよね。でもどうしても欲しいから頼むから送ってくれよって(笑)。そういう人とはすごく長電話になります(笑)。サイズの細かい話なんかもして、いろいろとコミュニケーションを取りますね。で、最終的には「明日行きます!」って言ってくれる人もいて。
  • 小林:良いハナシの流れだねぇ。好きなタイプの話!ネットどうこうの話以前に、そういう強い欲求をお客さんが持ってくれるだけの商品を、うちらが作っていかなきゃいけないんだと思う。
PHISHING SHIRT
FEEL THE LIVE
.....Research GENERAL STORE
.....Research GENERAL STORE
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-14-11 コーポ青葉台102 MAP
Tel:03-3463-6376
営業時間:火~金 12:00~19:00/土・日・祭日 12:00~20:00(月曜定休)
http://www.sett.co.jp/
.....Research GENERAL STORE
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-5-10 中目黒マンション107号 MAP
Tel:03-5720-1677
営業時間:月~金 12:00~21:00/土・日 11:00~20:00(毎月第3木曜日定休)
http://www.bambooshoots.co.jp/
.....Research GENERAL STORE

RECOMMEND BRANDS

BAMBOO Ville Core Value