バンブーディグ

アウトドア~ファッション系のライターがBAMBOO Villeのラインナップから気になるアイテムを掘り起こし(ディグ)て紹介!

オーセンティックな面(ツラ)なのに、
高機能ってのがミソ。

2013/12/04

HOBO「Dome Celspun」

WILD THINGS×KATO「HERRINGBONE INDIGO WOOL PRIMALOFT JACKET」

「実直」と「遊び心」が手を組んだ嫉妬モノのナイス・コラボ

日に日に気温が下がりつつある今日この頃。そろそろダウンやウールなどの重衣料が手放せない季節になってきました。去年の今頃は何を着ていたかなぁなんて思うほど、毎年アウター選びに困るボクですが、結局、毎年同じようなパターンで、着慣れたアウターを手にとってしまうって人は少なくはないはず。そして、冬が終わる頃に、今年はコイツに頼ってばっかりだったなぁ……。なんて回想することもしばしば。

新しいモノを新調すれば良いことくらいわかっているんですが、なかなか踏み切れない。買いたいモノは決まっているのだけど、安い買い物ではないのだから、本当にこれで良いのか? とかなんとか自分なりの都合の良い“いいわけ”を考え、数年経過しているなんて人もいるはず。はい、ボクもそのひとりなんですけどね。長年の経験から、自分の好きな服やスタイルが決まってきてしまう30代以上の男性には、なかなかの強いこだわりもあり、服選びも慎重に、ましてや衝動買いなんてもってのほか。とても面倒くさい人間なんです。そんなボクにとって朗報だったのがコイツでした。

ワイルドシングスのプリマロフトジャケット。軽くて暖い高機能ジャケットとして、冬の優れものアウターの代表格として知られています。しかし、コイツは只者ではありません。通常、このジャケットのアウトシェルには、ナイロン素材が定番。まぁ、アウトドアブランドとしては当然のことでしょう。でも、この新作は、なんと! オーセンティックな素材であるウールを使用しているんです。しかも、テーラードスタイルの紳士服としても定番素材であるヘリンボーンウール。なんとも異様な組み合わせだと思うことでしょう。

アウトシェルにウール、中綿はプリマロフト、聞くだけで冬に心強いジャケットってわかりますよね。でも、それだけではありません。このウールファブリックは、デニムを得意とするブランドとしてもお馴染みの「カトー」により、プロデュースされたスペシャルなインディゴ染めのヘリンボーンウール素材なんです。もちろん、デニム同様、着るたびに経年変化も楽しむことができ、長く楽しむことができるのは当然。アウターを買うことに臆病で不精なボクにピッタリ。男心をくすぐるジャケットです。なんといっても、高機能ジャケットであるのにオーセンティックな面構え。同時に、同じ素材でクライミングパンツもあるって!

ヘリンボーンウール生地であれば、ジャケット、パンツのセットアップで着ることで、落ち着きのある紳士的な着こなしができるはず。これがアウトドアブランドのワイルドシングスだからイイんですよ! ギャップに弱いのは、必ずしも女性だけではありません。男だってギャップに弱いんです。

ウールのアウターが欲しいけど、重くて肩が凝るんだよね。とか、暖かいアウターが欲しいけど、アウトドアブランドのナイロン素材だとカジュアル過ぎちゃうんだよな。なんて都合の良い“いいわけ”は、もはや通用しませんよ?

TEXT / TAMAKI ITAKURA

WRITER

TAMAKI ITAKURA

TAMAKI ITAKURA

板倉 環:フリーランスエディター・ライター
セレクトショップ勤務を経て、雑誌『CLUTCH MAGAZINE』、『2nd』などの編集を担当。
現在、フリーランスとして、編集・執筆業を行う。Vintageという言葉にめっぽう弱い’81年生まれ。
好きな言葉は「ハイスペック」

 

RECENT dig

 
 

RECOMMEND BRANDS

BAMBOO Ville Core Value